仕上りはどのような感じか?

ポリ袋を印刷する方法

ビニール袋やポリエチレン袋は、パラフィン系炭化水素で作られ、耐薬品性が高いことが特徴です。イラストなどを印刷物として作るには、一般的な油性インクではなく、パラフィン系のインクを高温で溶着させる特殊なプリンターが必要となります。そのため、個人向けのプリンターでは印刷そのものが不可能で、専門の業者にすることが唯一の方法です。ポリ袋の形状を多くの種類から選ぶことができ、低価格かつロット単位での印刷を依頼することが可能です。業者オリジナルのデザインが用意されている他、自分で作ったオリジナルデザインデータの印刷もできるなど、柔軟性の高さも特徴的です。納期は数日から1週間程度の期間の範囲で、選ぶことも可能です。

ポリ袋の印刷方法と仕上がり具合

ポリエチレン袋の印刷には、「グラビア印刷」や「UVオフセット印刷」、「シルクスクリーン印刷」の3種類があります。素材やデザイン等により印刷できる方法を選ぶ一方で、仕上がりの度合いもそれぞれ異なります。「グラビア印刷」は、HDPEとLDPE、梨地風生地を使用する場合に選ばれます。単色からフルカラーまでに対応し、袋に馴染むような仕上がりかつ、印刷物が綺麗に表示されることが特徴です。「UVオフセット印刷」は、OPP素材など紙に似た素材で使用されることが多い、速乾性に優れている印刷方法です。フルカラーに強く、鮮明で美しい仕上がりを得られることが特徴です。

フルカラーではなく白黒印刷に強い「シルクスクリーン印刷」もあります。殆どの素材に対応し、鮮やかかつ強い発色性を持つ仕上がりになる印刷方法です。

無地のビニール袋よりもオリジナルビニール袋を使うことにより、お店の宣伝効果になります。また、デザインが良ければ捨てずに再利用される方もいます。